Top  >>    ユニバーサル・エクスペリエンス  >>  要素技術
 
ユニバーサル・エクスペリエンスとは
ケース
要素技術

要素技術と作品

ユニバーサル・エクスペリエンスで弊社が開発・研究してきた技術

  Web / アプリケーション

  光学・観測装置

  IoT / リモート・センシング

  自動制御、ライブ伝送・中継・配信 

  作品・展示物

200万枚の観測写真で紡いだオーロラ

 2006年9月18日のライブ観測開始から写真撮影だけで200万枚以上のデータがあり、「ある日」に撮影したオーロラをモザイク再現しています。

モザイク・メッシュ一枚毎が、全て異なる日時に、観測所から撮影された写真になっています。「あの日、あの時のオーロラを探す」こともお楽しみください。

  詳細を見る
タイムライン・ムービー

2006年9月18日のライブ観測開始以降、蓄積した膨大な収録映像と、映像と関連する様々なデータを融合させたサイエンス・メディアアート作品。2画面使ったサイネージ展示。制御用PC1台と表示用PC2台の構成で稼働します。

『10年以上の歳月で変化した技術・映像・社会事象などを、その時のオーロラと共に体感してもらう』

  詳細を見る
アラスカ観測所のシステムテレメトリー表示

 米国・アラスカ内に設置してあるカメラ・コンピューター・センサー類のテレメトリー・データをリアルタイム表示します。

『 自然への畏怖と共に、それを体感するための人知・資源の必要性も同時に知る 』

大画面表示可能( ブラウザApp HTML5稼働)

  詳細を見る
写真・展示パネル

2006年から24時間365日続くアラスカからのライブ中継で、写真撮影ロボットが観測した200万枚以上のデータから、天文学・科学上で貴重な瞬間をとらえた写真や、神秘的な情景の写真のパネル展示。

観測所の様子や、年に1-3回古賀やスタッフが訪れ、メンテナンス作業を観測所で行う様子の写真。観測・生中継システムの説明等のパネル展示。

  詳細を見る
『DEOS』球体スクリーン型 コンテンツ上映機器

 2008年に開発したインスタレーション作品。アラスカ観測所で撮影したドーム映像やライブ中継映像が、球体スクリーンに描かれます。

 1台ずつオーダーメイドになります。

  詳細を見る
『DEOS hybrid mini』小型球体スクリーン上映装置

 2008年に開発したインスタレーション作品。アラスカ観測所で撮影したドーム映像やライブ中継映像が、球体スクリーンに描かれます。球体スクリーンを取り外すと、部屋の壁全体(※)に映像がマッピングされます。

※5-6畳程度の空間が推奨です。※実機は1台ですので、展示スケジュールは要相談になります。別途オーダーメイドも承ります。

  詳細を見る

  お知らせ / イベント・上映 / パブリシティ

☆2018年02月11日 朝日新聞「オーロラ中継、郡山のプラネタリウムで 3月まで」
☆2018年01月23日 Astro Arts星ナビ「銀座でアラスカの夜空をリアルタイム体験」
☆2018年01月16日 毎日新聞「オーロラ写真や映像、生中継画像も 東京・銀座で作品展」
☆2017年12月12日 取材(古賀)BE-PAL(小学館)「野遊びマスターの偏愛ベストバイ」
☆2017年09月06日 報道ステーション(テレビ朝日) 4Kリアルタイムオーロラ映像を提供